フリーブレイズ ジュニア 東京について

フリーブレイズジュニア東京は、2017年4月、アジアリーグ「東北フリーブレイズ」の運営会社である東北アイスホッケークラブ株式会社を母体として、東京を拠点に新たに誕生した少年アイスホッケーチームです。

 

元日本リーグ、アジアリーグ他のプレーヤーでもある専門のコーチ陣が各年代に合わせた練習メニューを用意しています。

また、年間を通じて、数多くの大会に参加している他、特別強化練習、夏の合宿等のプログラムも用意されています。


これまでの卒業生達は、アジアリーグ、社会人リーグ、大学リーグ、高校でも活躍中ですが、U20・U18・U16などの日本を代表する選手も輩出しております。

フリーブレイズjr東京は青梅ジュニア、西東京インディアンズ、昭島インディアンズ、インディアンズ東京ウエストを経て、現在まで約53年以上の伝統を誇る歴史あるアイスホッケークラブチームから新たに生まれ変わったチームです。

クラブコンセプト

「OPENなチーム」をコンセプトに、アイスホッケーの技術だけでなく、子供たちの社会性とコミュニケーション能力の育成を主眼に、アイスホッケーの普及を目指します。


活動方針

教育的観点を重視し,試合においては可能な限りSame Iceを基本に多くの子供が同じ時間帯氷できることを目指します。また様々なポジションを経験できることを目指します。(中学生の試合では一部異なります)


主な活動場所

BIGBOX 東大和スケートセンターは、西武拝島線 東大和市駅のすぐ前です。


チーム構成

低学年:年中~小学3年生

高学年:小学4年~6年生

中学生:中学1年~3年生